見逃し配信を無料視聴!【ダイヤのA】第28話 感想!

沢城さん
沢城さん

ダイヤのA アニメ 第28話

神谷くん
神谷くん

感想見逃し配信情報です!

ダイヤのA 第28話 見逃し配信を無料視聴!

U-NEXT
動画を見る!漫画を読むならU-NEXTがおすすめ!

アニメをもう一度見たい! 放送中のアニメを見逃してしまった。。。

そんな方におすすめなのが、インターネット動画配信サービスのU-NEXTです。

違法のアニメ動画を流していたAnitubeが削除されたのをご存知ですか?

Anitubeは削除されてしまいましたが、違法でアニメの動画を流しているB9などのサイトは今でもあります。

こういうサイトでアニメを視聴していると、下手するとこちらも罪になる可能性もあります。

また、ウィルスも怖いですし、なによりアニメ業界にとってよくないですよね。。。

違法のアニメ動画が流れれば制作会社は損をするばかりで、今後いいアニメが作れなくなってしまいます。

沢城さん
沢城さん

アニメを見るならDVDやBlu-ray、もしくはちゃんとした動画配信サービスで見ましょう。

動画配信サービスのU-NEXTは見放題のアニメや映画、ドラマの動画が13万本と充実のラインナップです。

さらにU-NEXTは漫画(電子書籍)も読むことができるんです♪

それでいて月額1,990円とお得な料金です。

そして、嬉しいことに31日間無料体験があります。 無料体験だけして解約してもOKなんです。 解約方法の説明画像

神谷くん
神谷くん

TV放送中のアニメも配信されていておすすめですよ♪

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

ダイヤのA 第28話 あらすじ ネタバレ

前回はピッチャーが降谷から栄純に変わり、この先どんな球を投げることができるのかと言うところでしたね。

今回の話は、回想シーンです。

栄純が中学生の時、青道に訪れ実際に球を投げてみたところです。

この時から御幸との相棒関係が生まれました。

『七色に変化するムーミングボール』を中学生で既に認められていたんです。

高校生になり入部したんですが、しょっぱなから遅刻をしてしまいます。

自由気ままに生きて来た栄純にとって、礼儀がわからず謝りませんでした。

そのため、監督に「おまえなんかいらない。」と言われるんですが野球への熱意が伝わったのか、そのまま野球部員でいられることに。

クリスに球を取ってもらえることになるのですが、クリスとは特に相性が悪かったんです。

特に栄純が腹が立っていたのは、練習もロクにしないクリスに降谷と比べられ「あいつがいる限りエースになることはない」と言われたことでした。

しかし、その後クリスがケガのリハビリを頑張っていることを知り、今までの軽率な対応を反省する栄純。

一方、降谷は中学の時、球が早すぎて仲間から一緒に野球をしてもらえなかった悔しさがありました。

栄純にも降谷にも共通して言えることは、中学生の時の経験を糧にして青道で堂々と野球をすることです。

この思いを胸に甲子園、どこまで勝ち進むことができるのでしょうか?

ダイヤのA 第28話 感想と考察

栄純の変化した球を見る前に、回想シーンが入りましたね。

振り返ってみると、栄純も降谷も中学生の時からズバ抜けていたことがわかります。

そして、「強豪校で野球がしたい!高校野球のトップに立ちたい!」と言う思いを胸に青道野球部へ入部したことも同じです。

例え、出身は違っても同じ決意を持っている人同士が同じ場所に集まるって素敵なことですよね!

栄純は、無邪気で明るい性格と言うこともあり仲間に恵まれていました。

しかし、「栄純のボール取りにくい。」と野球ではあまり相手にされなかったんです。

一方、降谷は口下手で大人しい性格だったので仲間が少なかったんですね。

それに、中学生にしては高速球過ぎて相手にしてもらえず…

スポーツする者として、自分の力を出したくても出すことができないのは悔しかったでしょうね。

それにしても、お調子者の栄純とクリスが入部したてから険悪なムードになったのにはヒヤヒヤしました。

しかし、このことで栄純の目が覚めます。

調子に乗るとよくない。」と。

自分に自信を持っていたのに、「降谷がいる限りおまえはエースになれない。」と言われたら、

心がズタズタになってしまいますよね…

なのに、栄純は「くそー!頑張ってエースを取ってやる!」と更にやる気を出したのを見てすごく尊敬しました!

栄純の何にも負けない、信念を貫く男らしさは最高にかっこいいです!

甲子園の最中に、こんなことを思い出すともっと応援したくなりますね!

栄純の『七色に変化するムーミングボール』は、どのように変化していくのでしょうか?

次回のお楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました